私がどん底から這い上がる為にしたこと

Japanese all-rounder

さて、何から話をしようか迷ってしまう。

とりあえず今の状態を整理しないといけない。

今の段階でトレモアはもちろんその他の関わっていたビジネスは

ほぼ全滅だと思ったほうが気持ちも楽だ。

つまり、期待できないということ。

そんな、ビジネスを選んだ自分を戒めて、

今後は心から納得し、確信したビジネスを選ぶように心がけたい。

Japanese all-rounder

私がどん底から這い上がる為に最初にしたことは過去を見る

一番最初にしたことは、なぜこうなっているのか、なってしまったのか、過去を見ることでした。

あの時、ああしていればよかった、こうしておけばよかったと後悔を見返す過去を見るのではなく、現実、今なぜこうなったのか分析する必要があるのです。

そこで、過去思い出せる範囲までさかのぼって過去を見ていきます。

なんと、私は15歳までさかのぼってしまいました。

つまり、自分の時間を使って他人からお金を頂くときまでさかのぼります。

かりに、高校、大学でもバイトしていたら、そこまでさかのぼります。

一番最初に働いてお金を稼いだ時ということですね。

私は、15歳でした。

中学卒業してすぐに就職しました。

しかも、1歳上の先輩からの紹介で、沖縄から京都まで行って就職です。

仕事は電気工事です。

今でも覚えている月給165,200円です。

本当の話は日給1万円だったのですが、その計算だと25万円以上です。

なぜか、日給7000円になっていました。

3000円は朝昼晩飯代として後から引かれました。

一食1000円です。

これって、ピンハネですよね?

いくら中防の発言で言っても無意味です。

しかたなく3ヶ月間働きました。

ここが、一番の人生の分岐点だったと思います。

話が違うとキッパリ伝えて、無理ならやめる決断を出す

私にもっと意志が強ければキッパリ決断できたと思うのですが、

飛行機代やお金を貯めて中型免許を取得してバイクを購入する・・・

これが私の目先の目標でした。

だから最初の165,200円を貰っても3ヶ月間は我慢しようと思いました。

仕事はかなりきつかったです。

友だち4人で行って、残ったのは私だけでした。

最終的に3ヶ月頑張り、お金を貯めて沖縄に戻りました。

すぐに、東京に行って今度は建築の仕事をしました。

日給11000円をしっかり守っていただき、約19歳で400万円貯めました。

お金の使い方を間違うと財産が一瞬でなくなる

20歳にならない時に400万円を持って地元沖縄に帰りました。

久しぶりの友達と一緒に沖縄の那覇市の松山という飲み屋街に行きました。

ちょっと若い子がいそうなスナックに数人で入りました。

調子にのっていた私は400万円を稼いだ話を皆に自慢げに話して、

このお金で、小さな居酒屋をやると楽しそうに話をしていると、

1人の女性ホステスが私に近づいてきて、

居酒屋よりもスナックのほうが簡単でたくさん儲かるよ・・・と言うのです。

そして、数人のホステスもそうそう、儲かるよ・・・・というのです。

私は無知な状態で、そうなんだぁ。 今400万円しかないけどできるかなぁ?

話は盛り上がり、その場にいたホステス4人と一緒にスナックをやることにしたのです。

ホステス4人とも私と同じ19歳でした。

おいおい、19歳でお酒はダメでしょう・・・とおもったけど、私も19歳でした。笑

調子に乗っているので、翌日からお店探しが始まりました。

1件居ぬき物件が見つかり、そこは約50万円ぐらいからお店ができるので、

そこにしようと提案しましたが、彼女はもっと広い所がいいというのです。

で、結局改装費250万円、その他もろもろ経費をかけて、50万円しか残金ない状態でお店をスタートするのです。

10月、11月、12月と3ヶ月間売り上げが上がり、かなり良かったのですが、

結局彼女とお客様との接客で嫉妬したり、被害妄想したり、やりづらくなったので、

私はお店を彼女に任せて、今度は横浜に建築の仕事で出稼ぎに行きました。

なぜなら、私が働けば月40万円~50万円稼げたので、お店が赤字の場合でも私が補える体力をつけておこうと思っていたのでした。

ダブルショックでこれは宿命だから仕方がないと思う

なんと横浜で働いているときに、私の父が亡くなったのです。

まだ、19歳だからお店の名義は私ではできないので、父の名前で登記しました。

そして、父の知り合いのお客様も来ていたのですが、ショックでした。

それだけではなく、お店も93万円の赤字を出していたのです。

なぜ、赤字なのかと聞くと、暇だったからというのです。

しかし、仲が良い女性ホステスから真実を聞き出すと、

ヤクザと付き合ってお店のお金を使い込んでいたのです。

それで、証拠を出して突きつけていくと、ある日、私は呼び出されました。

ヤクザの事務所に1人で来い

事務所に行くと、ボコボコされる覚悟の上で行きました。

その時に、スナックのオーナーということで、みんなに見栄を張るために、

セルラーホンという、初代携帯電話を16万円で本体を購入して、6秒10円という通信代の携帯電話で社長づらをしていました。

さすがにこの携帯電話が壊されたらいやなので、事務所の入り口に置いて、事務所の奥に足を運んでいきました。

そこで目にしたのは、いかつい顔をしたお兄様たちが5人以上いたのです。

さすがに、睨みが全員怒っているようなので、もしかして俺死ぬのかなぁ・・・と

本当に思いました。

しかし、お兄さんの1人が、思いもよらない言葉を発言したのです。

19歳で1人で稼いでお店を出して、君、凄いなぁ。

関心するわぁ、普通の人はできないよぉ。

ほんとうにすごいわぁ・・・・

頑張ってきたんやねぇ・・・

えぇ?

今からボコボコされて、テメー、コラァ、なめているのか―って

されると思っていたのが、真逆だったのです。

そのあとに、でも、彼女をやめさせたり、証拠もないのに93万円の赤字を人のせいにしたらそれは人間としてどうかと思うんだけど・・・って

どうにか穏便にしてくれないかというのです。

でも、事実今の資金では立ちなおすことも雇うこともできないと話すと、

取り合えず2ヶ月そのまま働いて無理ならあきらめる話になりました。

で、結局あの手この手しましたが、お店を開業している状態で、20万円と引き換えに締めることにしたのです。

やっぱり知識ない状態でやるべきではなかったとその時は思いました。

借金はしなかったので、稼いだ400万円の財産が全部無くなりました。

まともな経営者なら、この話を聞いたら普通はスナックをやらないと思います。

400万円もの軍資金があったら、その資金で成功できるビジネスは沢山あると思いますが、やはり無知な状態で他人任せにしたのがいけなかったです。
また、彼女を気に入って、付き合いたい、彼女にしたいと、色心で接していましたが、冷静に考えたら恋愛とビジネスを同時に成功させるのはほとんど難しいと答えが出ています。
長年付き合っていたり、意思疎通や心がわかりあっている場合は大丈夫かもしれませんが、初対面や経験が浅い人同士の、恋愛とビジネスの両方はどちらが崩れると両方崩れる可能性が高いです。
そんなこともわからずに、19歳で恋愛もビジネスもさらにお金持ちも手に入れたいと毎日利害ばかり考えていた結果が、このような結末になったのだと思います。

借金は0だが、資産も0、自分には経験がある

一からやり直すために、建築の仕事をさがしているときに、ある言葉が思い浮かびました。

それは、あんたは東京では通用するけど、大阪では通用しない・・・そう言われたことがありましたので、大阪で建築の仕事をしようと関西限定で仕事をさがしました。

そして、大阪府の摂津市というところで工場と寮が一緒の良い仕事が見つかり、沖縄から大阪まで泊まり込みで仕事をすることにしました。

中小企業なので、規則は厳しくありませんでしたが、仕事や人間関係も問題ありません。

東京よりも楽で、私が東京以上で働いていた時よりも、気合を入れて仕事をしていたので、逆に大阪の人は良く働く人だなと、感心されていました。

とにかく本業の建築関係の仕事はまじめにやろうと思いました。

なぜなら、本業をやっておけば、毎月固定でお給料がもらえるからです。

つまり、通常よりも仕事を頑張る、頑張らない関係なく、

朝から夜まで決まった時間を仕事に使うことで、私の時間と引き換えに時間給を貰っていましたが、体調不良や病気の時や怪我をした時など、仕事を休まないといけない時が多々ありました。

もったいないな・・・

そう思うようになりました。

そこで、自分だけの時間の切り売りではなく、もっと有効的に稼ぐ方法はないか考えるようになりました。

そこから、「副業」」を考えるようになりました。

なぜなら、1億円稼ぐという目標があったからです。

1億円稼ぐためには今の建築の仕事だけでは無理です。

だから仕事を休むたびに、この時間をお金に変えることはできないかなぁって

何度も考えた結果、副業をさがして副収入を得ることを決めました。

副業を考える人間に大成功した人はいない

後になってわかったことなんですが、副業は今の収入が足りないから、自分の空いた時間で何かできないかと考えて、ちょっとした時間の切り売りで収入を得ようと思う人が多いです。

さらに、副業といっても時間がかかるものは避けたいので、

楽して稼げる、

時間をあまりつかわないで稼げる、

短期間でできるだけ多く稼げる、

リスクなく稼げる、

お金がなくても稼げる、

など、人間はその部分を自分の都合よく考えて探すことが多い。

しかし、上記のようなことは、はっきり言って続かないし、一過性で稼げたとしても稼げなくなった時に、応用もできないで、結果、人生の時間とお金を無駄にすることになる。

つまり、本業はあるが、本業では納得していないから副業をやることに意識を向けて探しているが、はっきり言って、本業もダメにするし、副業もダメになる可能性が高い。

その副業に使う時間をもっと、本業に時間を使えば副業以上の収入になる可能性もあるし、本業での信用信頼を勝ち取ったほうが後々、人生の長いスパンで見たら成功する確率も高いということが分かった。

なぜなら、今生きている人生で稼ぐには、人がお金を払うことから、少なからず信用信頼が多ければ多いほど、稼ぐ金額も変わってくると思ったほうがよい。

信用信頼を失ったら、考え方を変えない限り、稼ぐ金額も変わると思ったほうがよいし、人生の無駄な時間を過ごすことになると思う。

信用信頼を作り、継続するのは大変だけど、信用信頼がなくなった後に再度信用信頼を作るのは、とっても大変だと思ったほうがよい。

どうせなら、信用信頼をなくさない努力をしたいし、無くさない行動を心がけたい。

副業をやっている人の多くは、ちょっとやって、これ難しい、稼げない、

これはダメだな・・・とすぐに諦める人が多いことも事実。

なぜなら、表面上の言葉で踊らされて、その副業に取り掛かるからだ。

つまり、情報弱者が食いつくような、甘い話を信じて取り組み、

書いてあることと違う、話していたことと違う、途中で大幅な変更は聞いていない、

などと、後の祭りのように責任転嫁して、私は悪くない、稼げないのは私が悪いのではない、すべてあの人が言ったから信じたから、だから私が悪いのではない・・・

そんな感じで、私は20代の頃、本業とは違う副業に取り組む、さらに情報商材のカモになりながら、もしかしたら、本物があるかもしれないという期待感だけを追い求めノウハウコレクターになったのです。

多分同じ境遇の人や、気持ちの人も多いのではないでしょうか?

今になってわかったことは、副業するぐらいなら今不満に思っている本業に、利害関係なく取り組んでみてはどうだろうか?

上司がいるなら、勝手に上司の手伝いをして、作ったものを見てもらうとか、

上司から何かボランティアで出来ることはあるのか?

または、自分が尊敬している人のお役にたつ行為を利害関係なく、自分に出来ることがないか考えながら行動したほうが、副業よりももっと大きな収入が得られると思う。

なぜなら、よく言う、1本の柱よりも2本、3本、4本、あれば色々な所から収入が入ってくるから人生余裕もって豊かに生活し、安心できるよねって人がいますが、

はっきり言って、稼ぐ以前に、人間としての「信用信頼」はなくなっていると思います。

私も複数の柱を持ち、一時期は良いときもありましたが、ほとんどの副業は長くは続きません。

紹介した人が副業で稼いでいるか、納得しているときはいいのですが、稼げなくなった時やビジネスがうまくいかなくなった時には、責任転嫁する場合があります。

だから、副業する時間があるなら、今やっている本業に力を入れることで、

会社や周りからも、「高い評価」が得られて、信用信頼を勝ち取ることになり、

それによって、長い人生のなかでは、多くの収入が得られるようになるのだと思います。

その、利益にもならない行為や行動でも、自分にとっては経験になり、

応用力や提案力が強化され、その本業がうまくいく循環、環境が良くなり、

本業の業績と一緒に、収入や稼ぐ金額も変わってくると思います。

だから、今やっている副業、または今から取り組もうとしている副業をもうすこし、考える必要があります。

なぜ、副業は長く続かないのか?

それは、簡単な話、パイの取り合いだから。

副業にもいろいろあると思うけど、頼まれごとをこなして、決めた報酬を自分の時間の切り売りした報酬は、問題ないけど、自分で副業ビジネスをする場合は、ほとんど長く続かないし、ほとんどが紹介して最終的には失敗することになる。

なぜなら、ほとんどの副業には、

楽して稼げる、

時間をあまりつかわないで稼げる、

短期間でできるだけ多く稼げる、

リスクなく稼げる、

お金がなくても稼げる、

という情報弱者に人参をぶら下げて、甘い話で誘って、実際に稼げなくなるものが多い。

そして、失敗する最も多いのが、縁故募集とか、一番先にやれば儲かるとか、甘い話にのって始める副業はほとんどんが、損をした状態で終わる傾向にある。

もちろん、ここでの損は、金銭的だけではなく、時間的、人間関係的なモノも含めてで、ビジネス自体が甘いものではないことを知る必要がある。

楽して、甘い話なほど、情報弱者は寄ってきて、結局稼げないで、騙された、稼げないと嘆くことになる。

なぜなら、情報弱者はビジネスセンスが全くない、小学生以下のビジネス頭脳を持っている人たちだからだ。

そんな人たちを集めて、稼げるのは、ビジネススキームを考えた方か、ねずみ講式のトップの方か、紹介をバンバン出せる方ぐらいだろう。

ほとんどの人たちは、ビジネスで稼ぐというよりも、そのビジネスにお金を払い続けてビジネスに参加させてもらっているというのが正しい表現かもしれない。

しかし、本心はそれぞれ稼ぎたい想いもあるから継続するけど、稼げない。

最終的に会社やサービスが終了すると、情報弱者で集まった人たちは損をすることになるので、被害者の声やクレームの声に変わり、炎上して、マイナスオーラの塊の集まりで、ネガティブのオンパレードで、邪悪な心の擦り付けや、悪い言葉を放ち、知らず知らずのうちに、お互いの被害の傷のなめ合いをして、お互い悪くないと責任転嫁し、しまいには裁判だの訴えるだの、ネガティブな行動を起こす・・・

冷静に考えれば、どんなことでも、ビジネスや投資はリスクは付き物だと思わなければいけない。

どんな甘い話を聞いたとしても、最終的には自分で決断するから、先のことも考えて決断して行動しないといけない。

しかし、情報弱者はそんなことを考えることもできないし、甘い話にのって、後悔の言葉を繰り返して生きている、世間の勝ち組にお金を支払い続けている動物だったと、今になってわかりました。

なぜなら、私も同じように情報弱者だったし、いつしか情報弱者から吸い上げる側の人間になろうとしていたと気づきました。

そんなことをして、稼いでいたとしても、人生面白くないし、来世の宿命に多くのしかかるだけだと思いました。

壁にぶち当たった時に逃げなければ成長できる

世の中はすべて白か黒か価値化負け化で割り切れるものではない。

何かに挑戦し、たとえ失敗に終わったとしても、その状態はいつまでも続かない。

落ち込んでいた気持ちに変化が起こり、自分を取り巻く風向きも変わり、やがて再起を期す時が必ずやってくる。

自分がやってきたことの過去を見返して、自分がしかわからない世界で自分だけの人生のストーリーの経験を見て、今後の糧に大きく成長するきっかけにする。

信用信頼をなくしたなら、それを作る努力が必要だし、

返金返済で大変なら、それを作る努力が必要だし、

同じ過ちのビジネスをしないために、もっと精度を上げた分析力が必要だし、

経験したから、それを見直し、次に生かすことができる。

なにも恐れる必要はない。

もし、私と同じ境遇の方や、どん底から這い上がろうとしている場合、

失敗を恐れずに次のステージに上がってもらいたい。

目の前にバンジージャンプがあるとすればあなたはジャンプしますか?

恐怖心から飛べないという方もいると思いますが、安全は確保されており、きれいに飛ぶ必要もなく、単に飛び降りればいいだけ。

それができずに立ちすくんでしまう。

「私には無理!」と思い込んでしまっている。

でも、バンジージャンプは誰にだってできるし、あなたのやりたいことは、あなただからこそできる。

もし本当に切羽詰っているなら、あなたはうだうだ心配することもなく、あっさりと崖から飛び降りるだろう。

やるか、やらないかだけ。

過去も同じように、

やるか、やらないかを決断して、やった。

それを後悔したなら、同じことを繰り返さないように前に進むべきだ。

ここで逃げ出さずに、臆病にならずに、前に進むべきだ。

なぜなら、その先に成功が待っているから。

諦めなければ成功は手に入れることができる。

そこで諦めたら成功は手に入らない。

自分がどん底と思ったらそこから今の自分はどうやったら這い上がることができるのか真剣に考えて行動してもらいたい。

なぜなら、自分の人生は自分しか作れないからだ。

自分だけのストーリーを一緒に作っていきましょう。

ビジネスで成功したいなら付き合う人を変えなさい

最後に私が今取り組んでいることを参考にお伝えします。

それは、自分に質問してください。

今自分の周りに話を聞いてくれる人はいますか?

それを自問自答して、いるならあなたの過去やこれからしたいことをお話しして、親身に聞いてくれるのか、それともうわべだけ聞いているのか、あなたが判断してください。

もし、信用信頼を失って、誰も話を聞いてくれる人がいない場合、付き合う人を変えなければいけません。

あなたは今まで良かれと思ってしてきた行動でも、相手にとってはめんどくさい人とか、うざい人、おかしな人、馬鹿な人、ダメな人とレッテルを張られていたかもしれません。

その答えを知るためには、あなたからその人たちにお会いして話を聞いてくれるかどうか、または話を聞いてくれる日程や時間を作ってくれるかどうかで判断します。

または、一から人生をなりなおすつもりで、新しい人脈を作る方法もあります。

過去の出来事は笑い話にして、同じような過ちや、同じ状態になったとしても信用信頼を勝ち取り、成長できる自分を作りましょう。

信用信頼を重ねていくのは大変ですが、1000人のうわべだけの人間よりも、

たった1人の絶大なる信用信頼を作った1人のほうがいいと思います。

もちろん、その1000人にもいずれ、あなたとの絶大なる信用信頼を得てください。

私はすでに、信用信頼を得る行動に移しています。

あなたも早速、自分に自問自答して、バンジージャンプを思いっきり飛ぶつもりで行動してください。

飛んでしまったら、たった一歩の行動がこんな感じだったのかとわかります。

一緒に這い上がりましょう!

今まではお金稼ぎだけの目線で見ていたからこのような結果になったと思います。
これからは、お金よりも人と人の絆や志を意識したビジネス選びや、たとえ最初はうまくいかないビジネスでも、誰にも恥じないビジネスを作ったり、誰かの志を応援して一緒にその人の背中を押しながら一緒に成功することもできます。

そうすると、より達成感がありますし、同じ志の仲間で信用信頼を作り、そして大成功した時の自分自身の人生のストーリーに刻むことができると信じています。

色々と人生について書いていきますので参考になりましたら幸いです。

Japanese all-rounder
30 Second Binary options
トレモア大百科プレゼントはこちら

トレモア大百科をプレゼントします。

ログインのやり方から店舗登録、
キャッシュバック申請のやり方、
ボーナス引出やカード発行方法まで
全部まとめたトレモア大百科を今だけ
無料プレゼント中です!

 

こちらから受け取る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。

Japanese all-rounder